LINEモバイルならLINEアプリ内のデータ通信量が無料で使える|格安スマホな日常

スマホと女性
LINEモバイルのプランは3つのプランがあります。

  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+プラン

この3つのプランがあるんですが、どれにも共通していることがLINE内で発生したデータ容量は使った分としてのデータ容量としてカウントされないことです。

 

 

LINEのアプリではトークの他に動画や画像、スタンプを送ることができますが、どれが無料になるんでしょうか?

LINE内の無料になるデータ通信はこれ!

LINEモバイルは、2016年9月にサービスを開始したドコモ系のMVNOです。

 

 

その特徴はLINEモバイルのコミュニケーションフリープランなら、LINEアプリやTwitterアプリ、Facebookアプリ、Instagramアプリの通信量をカウントしないカウントフリー機能です。

 

 

ちなみに料金は、データ+SMSの3GBで1110円から、音声通話付きなら1690円からとなっています。

 

 

LINEモバイルのカウントフリー機能の詳細を紹介します。

 

 

例えばLINEアプリのカウントフリーの対象は、トーク機能は、テキスト・音声メッセージの送受信、スタンプ・画像・動画・その他ファイルの送受信、無料通話・ビデオ通話です。

 

 

タイムライン機能は、画像閲覧・投稿(画像・動画含む)です。

 

 

他にもスタンプ・着せ替えのダウンロードやアカウント設定に関わる利用、友だち一覧画面の表示・友だち追加です。このアカウントフリー対象となるのは、アプリでもWEBブラウザでもカウントフリーの対象となります。

 

 

たまにアプリの不具合などでアプリが使えない時でも、WEBブラウザを通してカウントフリーでSNSを楽しめるのです。ただし外部リンクへの接続は、対象外となることが注意点です。

 

 

さらに一般ユーザーには関係ありませんが、大容量データの送受信が行われた時は、一時的に通信制限がかけられる可能性があります。

 

 

このようにLINEモバイルの「コミュニケーションフリープラン」なら、残りデータ容量を気にすることなくLINEやTwitter、Facebook、Instagramを楽しめるのが特徴です。言い換えればデータ容量が全くなく通信制限がかかっていても、これらのSNSを快適に楽しめるのが特徴なのです。

 

 

多くの格安スマホは料金を安くできますが、安くするにはデータ容量を少なくする必要があります。

 

 

LINEモバイルなら、少ない容量で安い料金でフェイスブックやツイッターなどを使うことができるので、たくさんSNSを使う人にはオススメな格安スマホなんです。

 

 

こちらの記事のように細かくLINEモバイルについて解説している記事もあるのでLINEモバイルを詳しく知りたい方は見てみてください!

>>LINEモバイルの料金や詳しい情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です