LINEモバイルの気になるプラン内容、特徴|格安スマホな日常

iPhoneで写真を取る女性
格安スマホの種類はたくさんあり、キャリアより格安スマホのほうが各社特徴があります。

 

料金や、プラン内容、サービスも大きく変わってきているんです。

 

そんな格安スマホで今回はLINEモバイルを紹介します。

LINEモバイルの特徴、プラン内容

SNSのデータ通信は使った分としたカウントしない!

 

 

LINEモバイルの特徴は、特定のサービスにおいて通信量をカウントしないようになっています。

 

 

プランには、LINEのみがカウントフリーの対象となるLINEフリープランとTwitter、Facebook、Instagramもカウントフリーの対象になるコミュニケーションフリープランの2種類があります。

 

 

ただし、対象サービスの中でも、カウントフリーになる通信かどうかは決まっています。

 

 

LINEであれば、トークやスタンプ、画像・動画の送受信、無料通話、ビデオ通話などがカウントフリーの対象となります。

 

 

コミュニケーションフリープランでは、LINEに合わせて、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムでのデータ通信量がカウントされませんので、データ容量を気にしないで、写真、動画をアップすることができます!!

 

 

プランの違いは、カウントフリーの対象サービスと月間のデータ容量に違いがあります。

 

 
余った月間データは翌月まで繰り越すことができ、使い切った場合でも追加購入が可能です。

 

 

画像や動画は、テキストデータに比べるとはるかにデータ量が多いため、カウントフリーの対象になることは大きな特徴になります。

 

 

さらに、月間の高速データ通信量を使い切った後でもカウントフリー対象の通信は低速にならずに高速通信のまま利用することができるようになっています。

 

LINEの年齢認証もできる!

 

LINEの年齢認証が可能になる点も特徴の一つです。

 

 

大手キャリアは、年齢認証ができますが、格安SIMでは、年齢認証ができない状態でした。

 

 

LINE自らが運営するLINEモバイルでは、データSIMでの契約であっても契約時に本人確認書類が必要になりますが、年齢認証が可能になりました。

 

 

年齢認証ができなければ使えなかったID検索も使うことができます。

 

 

LINEのアカウントを作る場合でも、通常は必要なSMS認証をスキップすることができる仕組みになっているため、よりスムーズに利用を始めることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です