そもそも格安スマホとはなんなのか?どんな仕組み?|格安スマホな日常

スマホを操作する女性
スマホの利用料は普通の携帯電話と比べて高くなっています。

この為に多くの場合月額8000円くらいを支払っている人が多くなっています。

 

 

これが家族全員分ともなれば本当に大きなお金になり大変な金額になってしまいます。

 

 

1台1万円だとすると4人で4万円。
ここにアプリゲームの課金分や追加データ分などが加算されることで、もっともっとスマホ料金は高くなってしまいます。

 

 

もう、安い部屋を借りることができる金額になってしまいますね!

 

では一体何故そんなに高いのでしょうか。

 

格安スマホってそもそもなんなの?

なんでキャリアのスマホ料金は高いのか?

 

 

なぜ、ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアでは月額料金が高くなってしまうのかというと、データ通信を多く行うスマホでは従来の料金システムでは通信料がとても高くついてしまうからなのです。

 

 

また高機能なスマホは端末代金も高くなってしまい、データ料金、スマホ本体の料金を合わせると、どうしてもとても高くなってしまうからです。

 

 

しかし、実は通信技術はどんどん進歩してきていて、データ通信はより高速に安くなってきているのです。

 

 

しかし携帯電話会社が通信料を大幅な値下げはしていません。

 

 

その分を高くなったスマホ端末の代金に充てているからです。

 

 

この為に月々の支払いは高いけど無料に近い値段でスマホを手に入れれることが出来るようになっているのです。

 

 

今のキャリアからスマホを契約するといことは、本当の適正な料金でスマホを使うことができない、いうのとかなりかけ離れた料金となってしまっているのです。

 

 

その通信回線を適正な料金で安くまとめて卸売りしてもらって安く小分けしているのがMVNO、格安スマホなのです。

 

格安スマホで安くスマホを使うことができる

安い代わりにサポートが十分に手厚いとか長期利用契約でスマホが割引なるとかのサービスは省かれています。

 

 

なので、ある程度、SIMロック解除やAPNといったスマホに少し詳しくないと使えなかったのが、今までの格安スマホでした。

 

 

しかし最近になって誰でも使いやすいようにサポートに力を入れた格安スマホも出てきています。

 

 

例えばラインモバイルなどがそうですね。

 

今ではスマホを持っているほとんどの人が使っているライン。

 

そんなラインが発売した格安スマホが「LINEモバイル」です。

 

ラインモバイルは若い人から、格安スマホって何?という方をターゲットとしているのでプランもわかりやすく、SIMとスマホセットプランも用意してだれでも格安スマホを申し込み安いようにしているんです!

 

 

スマホもセットで買うことが出来て、簡単に始められるようになって一般的な大手キャリアとの差がずいぶん少なくなっています。

 

 

今まで難しいかもしれないと躊躇していた人にもお勧めになってきています。

ドコモから格安SIMへ乗り換えはできるの?|格安スマホな日常

新しいスマホ
ドコモを使っているけど、月額料金が高くてもう嫌になる!
ドコモショップに行ってプランを見直しても、どうしても安くならない!

そうだ!
今、よく見る格安SIMにしたらスマホ料金が安くなるかも!

でも、電話番号が変わるのは嫌だしどうしよう。

ちょっと待ってください!
電話番号が変わりたくないから格安スマホにすることを悩んでいるあなた!

その考えは損しています!

格安SIMでも乗り換え、ナンバーポータビリティはできる!

格安SIMにナンバーポータビリティすることは可能です。

ドコモから格安スマホへ乗り換えをする場合の注意事項としては、通信SIMではなく通話SIMを使う必要があります。

データ通信専用SIMでは通話ができないので、電話番号の乗り換え事体ができません。

なので、電話番号を引き継いで格安スマホをつかうことを考えている場合は音声通話SIMの申し込みが必要になります。

キャリアの解約のタイミングも重要

大手キャリアから格安SIMへとナンバーポータビリティする際の注意点として、解約のタイミングがあります。

キャリアのプランの多くには、2年間の継続利用を約束する代わりに、毎月の利用料金を割り引く仕組みがあります。

この場合、契約の更新月以外で解約してしまうと違約金が発生します。

乗り換える際の初期費用を少しでも抑えるためには、違約金の発生しないタイミングでナンバーポータビリティを行うことです。

契約の更新月は、キャリアのホームページやショップの店頭、サポートセンターなどにて確認することが可能です。

更新月は、申し込み月の翌月を1か月目として25か月目が更新月となるため、実際に使用した月数よりも2ヵ月後になります。

乗り換えの流れとしては、キャリアにナンバーポータビリティの予約番号をもらい、その予約番号を使って格安SIMを申し込みます。

今使っているスマホはそのまま使えない場合もあるため、必要な場合には、スマホも購入します。

3日から4日程度でSIMが自宅に届きます。

届いた書類に従って開通手続きを行うことで、それまでのキャリアのスマホは使えなくなります。

キャリアのポイントが溜まっていた場合、解約してしまえばそのポイントを使うことができなくなるため、予約番号を取得する前にポイントは使い切っておくことです。

また、2015年5月以降に発売されたスマホであれば、購入から半年でSIMロック解除が可能になります。

SIMロック解除しなければ格安SIMで使えないこともあるため、解除しておくことです。

格安SIMのデータ専用SIMと音声通話付きSIMの違いってなに?|格安スマホな日常

スマホとコーヒー
格安SIMを契約する上で気になるのが、データ通信SIMと音声通話専用SIMの違いです。

データ通信SIM?
音声通話専用SIM?

なんとなく、想像はつきますが、いったいどんな契約内容なんでしょうか?

ドコモやau、ソフトバンクと少し契約内容が違う格安SIM。

ここでは気になる格安SIMのデータ通信SIM。音声通話SIMの違いについて解説していきます!

ここが気になる!データ通信SIMと音声通話SIMの違い

格安SIMには、データ通信SIMと音声通話付きSIMがあります。
その違いは一言で言うと、電話ができるかどうかです。
そこでデータ通信SIMと音声通話付きSIMの特徴を紹介します。

音声通話SIMとは>

まずは音声通話付きSIMから説明します。
格安SIMの会社によって変わってきますが、の1GBプランなら1300円前後で契約できます。

ラインモバイルなら1GBプランを1200円で使うことができます。

キャリアスマホの月額料金と比べるとすごく安いですね。
もちろん通話には、30秒ごとに20円の通話料金がかかるのが一般的です。

しかし最近はオプションとして5分のかけ放題や、毎月30分や60分という定額通話サービスが用意されている格安SIM会社が増えているので、ドコモなどのかけ放題のように電話をできることもできます。

格安SIMだから通話料金が高いということはないんですね。

音声通話付きSIMは、MNP(ナンバーポータビリティ)により電話番号を変更せずに乗り換えできます。
ですから電話代を下げたいけど電話番号を変えたくない方には最適です。

乗り換えだとメールアドレスは変更になってしまう

ただしメールアドレスは変更されます。
また格安SIM会社の多くは自前のメールアドレスサービスがないので、いわゆるフリーアドレスを利用することになります。

Gmailやyahooのアドレスですね。

音声付きプランだと最低利用期間がある

音声通話付きSIMには、ほぼ最低利用期間が設定されています。

キャリアの携帯会社では2年契約が基本で、2年以内に解約すると約1万円の違約金が発生します。

同様に格安SIMの音声通話付きSIMでも、約6ヶ月~12ヶ月の最低利用期間が設定されています。もしこの期間に解約すると、数千円~1万円の違約金が発生します。

データ通信SIMとは

次にデータ通信SIMを紹介します。
料金は1GBで700円前後、3GBで1000円ほどとなっています。

大々的にではないですが、ドコモでもデータ通信専用のサービスをおこなっています。

最近20GB以上のデータ容量やデータ無制限のコースも登場しました。

データ通信SIMの契約は、純粋な新規契約に限られ、MNPによる契約は不可能です。

またほとんどの格安SIM会社のデータ通信SIMには、最低利用期間が設定されていません。
ですからいつでも無料で自由に解約できるのです。

大きな違いは電話ができるか、最低利用期間があるか

データ通信SIMと音声通話付きSIMと名前だけ聞くと難しく聞こえてしまいますが、大きな違いは2つだけなんです。

  • 電話ができるか、できないか。
  • 最低利用期間があるか、ないか
  • このような内容なのが格安SIMの大きな違いです!