データ通信料が安い格安スマホはこれ!LINEモバイルで料金を安く!|格安スマホな日常

ヘッドフォンで音楽を聴く男性
キャリアスマホは3社しかないのに比べて格安スマホは10社以上あるので、

一体どのスマホが使いやすいのか?
どんなプランがいいのか?
サービスがいいのか?迷ってしまいます。

 

そんな中でオススメなのがLINEモバイルです。

 

LINEモバイルは1GB500円で使えて、LINE内で発生したデータ容量は使った分としてカウントされないとお得な格安SIMなんです。

 

スマホ料金を安くするならLINEモバイル!LINEモバイルの詳細情報!

 

 

LINEモバイルのプランのひとつ、「LINEフリープラン」は、高速容量が月1GBでデータ専用SIMが月額500円、SMS付きSIMが月額620円、音声SIMが月額1200円で、業界安クラスの価格設定です。

 

 

LINEフリープランのバリューは、その価格だけではなく、付帯するカウントフリーサービスにあります。

 

 

契約した通信量に対して、毎月利用可能な高速通信容量にカウントしないというサービスで、この場合は、LINEに関する通信については、高速通信を無制限に利用可能で、LINEを頻繁に利用する方であれば、非常にお得なプランとなっています。

 

 

もうひとつのプランの「コミュニケーションフリープラン」は、LINEに加え、TwitterとFacebookもカウントフリーの対象となります。

 

 

こちらはデータ専用SIMは存在せず、SIM付きSIMと音声SIMのみの提供になります。

 

 

最低額は、月3GBでSMS付きSIMが月額1110円、音声SIMが月額1690円からで、最大で月10GBの大容量にSMS付きSIMが月額2640円、音声SIMが月額3220円となっており、こちらも業界最安クラスの価格設定です。

 

 

毎月のLINE、Twitter、Facebookが使い放題となり、トータルの通信料を考慮すると、莫大な、お得感があります。

 

 

さらに、LINEモバイルならではのサービスとして、両プラン共に月額利用料金の1%の分のLINEポイントが貯まります。

 

 

LINEモバイルは、そのリーズナブルな月額料金だけではなく、特に、LINE、Twitter、Facebookを頻繁に利用する方におすすめできる、大変お得な格安SIMです。

 

 

格安SIMで迷ったらLINEモバイルがいいかも!

月額料金を安くできる格安SIMで他にオススメなのが、DMMモバイルです。

 

 

DMMモバイルなら1GB480円で使うことができます。
しかし、追加でデータプランを申し込むとなると、100MBで200円、500MBで600円発生してしまいます。

 

 

LINEを中心に友達に連絡を取っている、動画やスタンプをたくさん使う。
そんな方はLINEモバイルが使いやすいかもしれません。

LINEモバイルならLINEだけでなくフェイスブック、ツイッター、インスタグラムのデータ使用量が無料!|格安スマホな日常

キーボードに書かれたfacebookのアイコン
LINEモバイルが今、話題になっている大きな理由の一つにフェイスブックや、ツイッター、インスタグラム、そして、ライン内で発生するデータ容量が無料になることがあります。

 

 

格安スマホは毎月の月額料金が安くできる分、契約するデータ容量を少なくする必要があります。

 

 

1GB、2GB契約だと毎月のスマホ料金を1000円台にすることができますが、使えるデータ容量が少ないので、気を使ってSNSを使わないといけなくなってしまいます。

 

 

しかし、LINEモバイルでは、SNSで発生するデータ容量を気にしなくてもいいんです!

 

 

LINEモバイルでSNSのデータ容量が無料になる!SNS無料プランの詳細

LINEモバイルにはLINEフリープランとコミュニケーションフリープランという2種類のプランがあり、LINEフリープランではLINEのアプリのデータ通信料がカウントフリーになり、コミュニケーションフリープランではLINE、フェイスブック、ツイッター、インスタングラムで発生したデータ使用量が無料になります。

 

 

LINEフリープランでは使えるデータ容量が1GBと少ないですが、例え1GB過ぎて低速通信になってしまったとしてもLINEモバイルであればLINEでのトーク、ビデオ通話、音声通話はずっと高速通信のままですから、低速通信になったからと言ってLINEを利用しにくくなるということはありません。

 

 

実際にLINEの通信でカウントフリーとなる内容は、主にトークの機能、タイムライン、その他の機能の3つに分けられます。

 
トークの機能ではテキストの送受信、画像・動画の送受信、無料通話と無料ビデオ電話が対象となります。

 

 

タイムラインはタイムラインの閲覧と投稿が対象となり、その他の機能ではスタンプや着せ替えのダウンロード、友達の追加や検索、「その他」の画面の表示が対象となります。

 

 

フェイスブックでカウントフリーとなるのはタイムラインの表示と投稿、ニュースフィードの表示、メッセージ機能、プロフィール編集の4つです。

 

 

ツイッターではタイムラインとニュースフィード画面の投稿・標示、ホーム画面やお知らせ、通知の表示、メッセージの利用、プロフィール機能の利用がカウントフリーの対象となります。

 

 

インスタングラムではタイムラインの表示や検索画面での検索結果の表示、ダイレクトメッセージの利用、画像・動画の投稿、プロフィールの編集が対象となります。

ラインモバイルは使いやすい?使いにくい?おすすめ格安スマホ|格安スマホな日常

facebookとスマホ
格安でスマートフォンとSIMを扱えるMVNOは、徐々に市民生活へと定着してきています。

 

大手キャリアとほぼ同じ機能を使え、通信性能も保たれていることから、若い人を中心にユーザーは右肩上がりに向上しているのです。

 

 

そのため競争も激しく、多くのメーカーがしのぎを削っています。

 

 

各個人は、メーカーごとの特色をつかみ、自分が望んでいることに適したプランを見つけることが肝要となるのです。

 

今話題の格安スマホLINEモバイルはどうなの?

たとえばLINEモバイルは、近年発表されたものの中でも、極めて高い注目を集めたMVNOです。

 

こちらでLINEモバイルを詳しく紹介しています!
>>LINEモバイルの料金、プラン内容の詳しい情報

 

それは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの最大手が手がけることばかりが、理由ではありません。

 

最大のメリットは料金の安さですが、LINEモバイルもまた、業界最安値の水準で提供しています。

同時に、LINEにかかわる通信料は無料とされ、頻繁にこのアプリでやりとりをする人にとっては、大きなメリットとなります。

 

LINEの他にフェイスブック、ツイッター、インスタグラム内で発生するデータ量も無料になりますし、ミュージックプランではLINEミュージックで発生するデータ量も無料になります。

 

スマホのデータ通信量で多く使うデータでSNSで使うデータ容量も多いのでLINEモバイルのSNS内で発生するデータ容量が無料になるプランはすごくうれしいです。

 

そして、オプションプランを追加することで、他のSNSなどを使った際の通信料も無料となります。ヘビーユーザーほど、その恩恵を受けられる、魅力的なプランといえるのです。

 

一方、DMMモバイルは、最初から使えるスマートフォンの種類が豊富なことと、支払いに応じて付与されるポイントが特徴です。

 

このため、初心者でも導入が容易で、すぐに使いこなすことができます。

 

また、ポイントはDMMの他のサービスで使えますので、動画を購入したり、オンラインゲームに課金したりと、様々な楽しい使い方が可能です。DMMに親しんでいる人には、まさしく最適なプランといえます。

>>DMMモバイルの詳しい情報はこちらでチェック

 
このように、格安スマホ選びには料金とサービスのバランスが大切なポイントです。しっかりと調べ上げて、自分に合ったものを選択していきましょう。