データ通信料が安い格安スマホはこれ!LINEモバイルで料金を安く!|格安スマホな日常

ヘッドフォンで音楽を聴く男性
キャリアスマホは3社しかないのに比べて格安スマホは10社以上あるので、

一体どのスマホが使いやすいのか?
どんなプランがいいのか?
サービスがいいのか?迷ってしまいます。

 

そんな中でオススメなのがLINEモバイルです。

 

LINEモバイルは1GB500円で使えて、LINE内で発生したデータ容量は使った分としてカウントされないとお得な格安SIMなんです。

 

スマホ料金を安くするならLINEモバイル!LINEモバイルの詳細情報!

 

 

LINEモバイルのプランのひとつ、「LINEフリープラン」は、高速容量が月1GBでデータ専用SIMが月額500円、SMS付きSIMが月額620円、音声SIMが月額1200円で、業界安クラスの価格設定です。

 

 

LINEフリープランのバリューは、その価格だけではなく、付帯するカウントフリーサービスにあります。

 

 

契約した通信量に対して、毎月利用可能な高速通信容量にカウントしないというサービスで、この場合は、LINEに関する通信については、高速通信を無制限に利用可能で、LINEを頻繁に利用する方であれば、非常にお得なプランとなっています。

 

 

もうひとつのプランの「コミュニケーションフリープラン」は、LINEに加え、TwitterとFacebookもカウントフリーの対象となります。

 

 

こちらはデータ専用SIMは存在せず、SIM付きSIMと音声SIMのみの提供になります。

 

 

最低額は、月3GBでSMS付きSIMが月額1110円、音声SIMが月額1690円からで、最大で月10GBの大容量にSMS付きSIMが月額2640円、音声SIMが月額3220円となっており、こちらも業界最安クラスの価格設定です。

 

 

毎月のLINE、Twitter、Facebookが使い放題となり、トータルの通信料を考慮すると、莫大な、お得感があります。

 

 

さらに、LINEモバイルならではのサービスとして、両プラン共に月額利用料金の1%の分のLINEポイントが貯まります。

 

 

LINEモバイルは、そのリーズナブルな月額料金だけではなく、特に、LINE、Twitter、Facebookを頻繁に利用する方におすすめできる、大変お得な格安SIMです。

 

 

格安SIMで迷ったらLINEモバイルがいいかも!

月額料金を安くできる格安SIMで他にオススメなのが、DMMモバイルです。

 

 

DMMモバイルなら1GB480円で使うことができます。
しかし、追加でデータプランを申し込むとなると、100MBで200円、500MBで600円発生してしまいます。

 

 

LINEを中心に友達に連絡を取っている、動画やスタンプをたくさん使う。
そんな方はLINEモバイルが使いやすいかもしれません。

格安スマホにするとどのくらいスマホ料金を安くできるの?|格安スマホな日常

朝のスマホとコーヒー
今はとてもポピュラーになってきた格安スマホですが月々の支払い金額が一般的な大手キャリアーの通信料と比べると極端に安くこれはもう使わない手はないと言う感じがしますが、本当にそうなのでしょうか。

 

 

安い安いといわれているけど、いざ契約してみたら、言われた料金とぜんぜん違った!

 
そんなことがあっては困ったものです。

 

 

何ら問題がないのでしょうか。

 

 

やはり全く何の問題もないというわけにはいきません。

 

 

キャリアスマホと比べて通信速度がすごく遅かったらスマホとして使えませんもんね。

 

 

では何が大手キャリアーと違っていてどうすればそれをカバーしてお得に使えるのでしょうか。

 

 

キャリアスマホと格安スマホの違いはどんな違いがあるの

まず違いですが、格安スマホは回線のみの販売が基本でスマホ端末は別に用意する必要があります。

 

 
またデータ通信のみの回線が多く普通の090番号の音声通話はやや割高になります。

 

 

また多くはショップがないので自分で様々な設定などをしなくてはいけません。

 

 

そういう様々な障害を乗り越えれば本当に格安な料金でスマホを利用できるようになります。

 

 

例えばすでに手持ちのスマホを利用できる場合はもちろん端末代金はいりません。

 

 

そうでない場合は白ロムと呼ばれる中古端末やキャリアに制限のないSIMフリースマホを買うことになります。

 

 

SIMフリースマホは今は大手家電店などで簡単に入手できることが多く、価格も安くなっていますのでこれを利用するのがいいでしょう。

 

 

また一般に格安スマホは音声通話のないプランが一般的ですが、普通に通話もする場合は音声通話付きのプランを選んでください。

 

 

通常ひと月当たり500円程度割高になります。

 

 

しかしもしそれほど音声通話が必要ないのならIP電話で済ますという方法もあります。

 

 

IP電話はデータ通信回線で通話ができる仕組みで安ければ月額料金なしで通話料金も普通の固定電話並みで利用できます。

 

 

音声品質や着信の確実性に劣りますし、119番などの非常通話に使いない欠点がありますが、料金重視なら考えてみてもいいです。

 

 

また家や職場、学校などに利用できる無線LANがあるとひと月の通信料を大幅に節約できるので格安スマホの安いプランでも使いやすくなります。

 

最近では格安スマホもキャリアのようになってきた?!

 

最近では格安スマホの展開もキャリアのようになってきて、楽天モバイルやマイネオは実際に店舗を持つ格安スマホが出てきた利しています。

 

 

また、まだ東京が中心ですが、ビックカメラやヨドバシカメラではラインモバイルはUQモバイルなど店頭で契約できるようになっていて、キャリアスマホのように使えるようになってきているんです。

そもそも格安スマホとはなんなのか?どんな仕組み?|格安スマホな日常

スマホを操作する女性
スマホの利用料は普通の携帯電話と比べて高くなっています。

この為に多くの場合月額8000円くらいを支払っている人が多くなっています。

 

 

これが家族全員分ともなれば本当に大きなお金になり大変な金額になってしまいます。

 

 

1台1万円だとすると4人で4万円。
ここにアプリゲームの課金分や追加データ分などが加算されることで、もっともっとスマホ料金は高くなってしまいます。

 

 

もう、安い部屋を借りることができる金額になってしまいますね!

 

では一体何故そんなに高いのでしょうか。

 

格安スマホってそもそもなんなの?

なんでキャリアのスマホ料金は高いのか?

 

 

なぜ、ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアでは月額料金が高くなってしまうのかというと、データ通信を多く行うスマホでは従来の料金システムでは通信料がとても高くついてしまうからなのです。

 

 

また高機能なスマホは端末代金も高くなってしまい、データ料金、スマホ本体の料金を合わせると、どうしてもとても高くなってしまうからです。

 

 

しかし、実は通信技術はどんどん進歩してきていて、データ通信はより高速に安くなってきているのです。

 

 

しかし携帯電話会社が通信料を大幅な値下げはしていません。

 

 

その分を高くなったスマホ端末の代金に充てているからです。

 

 

この為に月々の支払いは高いけど無料に近い値段でスマホを手に入れれることが出来るようになっているのです。

 

 

今のキャリアからスマホを契約するといことは、本当の適正な料金でスマホを使うことができない、いうのとかなりかけ離れた料金となってしまっているのです。

 

 

その通信回線を適正な料金で安くまとめて卸売りしてもらって安く小分けしているのがMVNO、格安スマホなのです。

 

格安スマホで安くスマホを使うことができる

安い代わりにサポートが十分に手厚いとか長期利用契約でスマホが割引なるとかのサービスは省かれています。

 

 

なので、ある程度、SIMロック解除やAPNといったスマホに少し詳しくないと使えなかったのが、今までの格安スマホでした。

 

 

しかし最近になって誰でも使いやすいようにサポートに力を入れた格安スマホも出てきています。

 

 

例えばラインモバイルなどがそうですね。

 

今ではスマホを持っているほとんどの人が使っているライン。

 

そんなラインが発売した格安スマホが「LINEモバイル」です。

 

ラインモバイルは若い人から、格安スマホって何?という方をターゲットとしているのでプランもわかりやすく、SIMとスマホセットプランも用意してだれでも格安スマホを申し込み安いようにしているんです!

 

 

スマホもセットで買うことが出来て、簡単に始められるようになって一般的な大手キャリアとの差がずいぶん少なくなっています。

 

 

今まで難しいかもしれないと躊躇していた人にもお勧めになってきています。